ホーム > スタッフ

 

ホリスティック医学協会関西支部スタッフ(アイウエオ順)

愛場 庸雅 (大阪市立総合医療センター耳鼻咽喉科部長)
愛場 孝子 (看護師)
岡田 俊一 (健康塾代表、健康塾真愈整体学院院長)
上村 由美子 (鍼灸師・アロマセラピスト・ホリスティックサロン心の月主宰)
川西 未来子 (ホリスティックカラーアナリスト 楽美color主宰)
木村 泉 (洛西シミズ病院副院長)
黒丸 尊治 (彦根市立病院緩和ケア科部長、日本ホリスティック医学協会関西支部長)

竹林 直紀 (ナチュラル心療内科クリニックTAKEBAYASHI 院長)

橘 知世 (コピーライター)
野網 昭南 (漢方の養生舎主宰、薬剤師、薬学修士)
はやし ひろこ (ホリスティックアロマセラピーケアルームつむぎの森主宰)
藤田 典嘉 (BMバランス サーナ整体療院院長)
堀部 ひろ子 (看護師・メディカルリンファティックセラピスト)
三木 正則 (三木鍼灸院院長)
宮里 文子 (NPO法人関西アロマセラピスト・フォーラム副理事長)
森 裕之 (医師)
保田 美保 (アロマセラピスト)
山田 義帰 (慈恵クリニック院長)

スタッフがホリスティック医学について念入りに考えると……。

愛場 庸雅

◆「ホリスティック医学って何ですか?」と聞かれた時に、どう説明したらよいのかいつも困っています。「代替医療」や「統合医療」ならまだ説明はしやすいのだけど、そのもう一歩奥にある、スピリチュアリティとか他者・周囲とのかかわりといったものはなかなか理解が難しいものです。帯津先生は、「場の医学」とおっしゃってますが、癒しの場を提供するのがホリスティックな医療家なのであれば、自らの名前にとてつもない重さを感じています。理想のホリスティック医療は、幸福の青い鳥のように、探して探して探し求めて見つかるものではなく、実は、問題ばかりで理想からははるかに遠いと思っている自らの日々の診療の中にこそあるのかもしれません。

 

愛場 孝子

◆レイキ、フラワーエッセンス、ラージャヨガ、NLP、これらは今、私が学んでいるものである。
一見バラバラのように見えるかも知れないが、私の中では全て一つに繋がっている。
どんな時も「なんとかなる」と楽観的に思えてしまう私だが、丁度2年ほど前そう思えない
事態に陥ってしまった。同じところをグルグル、思考がパターン化し客観視する事ができずにいた。
そして、最悪の体調。この時ほど心と体がひとつだと実感したことはなかった。
そんな時出会ったのが、レイキであり、フラワーエッセンス。
1ヶ月ほど経った頃、あら、不思議、身も心もすっきりしているではないか。
どちらも、目にみえるものではないので、あまり期待してなかった私としては驚きだった。
心が緩んだ結果、私のなかの自然治癒力が働き、自分らしさを取り戻す事ができた。
そんな印象を受けた。目に見えるものと目に見えないものとの繋がり、あらゆるものとの繋がり、この繋がりこそが私の中のホリスティック感。

 

岡田 俊一

◆『感動は心の扉を開く』これが健康塾のコンセプトです。
私たちの「からだ」は自然の一部であり、一つの小宇宙です。今、起きている全てのことには意味があり、自然との共鳴作用であると考えています。
例え病気であってもそれは決して悪でもマイナスでもなく、それ自体が一つの自然の営みであるにすぎません。「からだ」自身の持つ自浄作用に身をゆだね、そのプロセスに深く感謝をし、少しでも快適な状態に近づけるように「からだ」の教えを素直に受け入れることが大切だと思います。むしろ病気が自分の生活上の歪みを、気づかせてくれたことを喜ぶことです。頭の中で「こうあるべきだ」という考えにしばられて生きていくと、自然のプロセスを知らず知らずのうちに、拒否してしまうということになりかねません。「からだ」という自然の言い分を実感し、心と体と自然とのバランス感覚を大切にして、すばらしい『生命』をenjoyしていきましょう。

 

上村 由美子

◆上村由美子 (鍼灸師・アロマセラピスト・ホリスティックサロン心の月主宰) 私たち個々のこころ・精神がやどったこの個体は、宇宙の中で誰1人といないたった1人の尊い存在。地球上に存在する全ての動植物 同一種類であってもそれぞれ少し どこかが違いたった1つの尊い存在は同じこと。個々別々のその存在には、それぞれ目に見えない尊い精神や霊性がそなわって、生を授かりました。大宇宙・大自然と密接なつながりを持った 自然の一部(小宇宙)として存在しているのです。病気やトラブルにみまわれた時 病気を治すのではなく、病人まるごと全体的にとらえて寄り添い、その病の深い意味に気づき、内なる自然治癒力を萎えさせるのではなく、生命の活性化を目指す医学がホリスティック医学であると私は考えています。人生における否定的なことに自らがどのように向きあい、対処し、調和していくのか、自己実現へのプロセスが重要になっていきます。自らを受け容れ、自らを癒すことを気づけた時 自然治癒力は発動し、ホリスティック医学を感じることが出来ると思います。 大いなる大自然とともに共生し、どのような場合でも 輝ける生命を信じ、活き活きと 生きていくことが私のホリスティックライフです。

 

川西 未来子

◆ 『自分らしい楽ちん笑顔』でいられる時、心や身体の治癒力は自然に向上していると思っています。これは、子育て中の親として妻として女として人としてセラピストとして今思うことです。子どもの心と体の声を訊き、食事をつくり環境身近な人や物理的なものを整え、社会情勢や環境問題にも目を向ける。自分達の位置を知り、社会にむけて少し働きかける。このことはアレルギーの子をもつ親として、今も心がけていることです。そこで役に立ったことは、病気やトラブルをチャンスと受け止めること。そして、看護師としての知識や様々な栄養学、自然療法やアロマ、心理療法や色、などです。これら日々の実践から得たものがホリスティック医学に通じるものがあるように思っています。そこで私が考えるホリスティックは、人それぞれの日常の何気ない幸せを思い追求しつづけることではないかと思います。

 

木村 泉

◆ホリスティック医学にかかわって10数年になります。 もとより怪しいものが好きだったのでフォーラムの広告をみて初めて参加しました。 その後現在まで続いていますが、今でも通常の医療のほかに、目に見えないもの、形のないものを大切にした医療をおこなっています。 それが私にとってのホリスティック医学です。 その意味で今回のシンポジウムは楽しみにしています。

 

黒丸 尊治

◆ホリスティック医学とは決して寄せ集め医療ではありません。西洋医学や様々な代替医療を組み合わせるだけならば、それはどこまで行っても寄せ集め医療です。これらの治療法を縦軸とするならば、横軸になるべきものが必要なのです。私はそれが医者患者関係であり、セラピストとクライエントとの「つながり」だと思っています。ここに信頼関係という軸なくしては、本当の意味でのホリスティック医学はあり得ないのです。そこで生まれてくる安心感や信頼感、希望といった思いや、生きる意味といったものが発見できたとき、様々な療法もその威力を発揮し、その人の持つ自己治癒力が最大限に高まるのです。そしてこの信頼関係を築くには、患者さんの視点に立って物事を見る眼や、心と治癒力をうまく引きだすという視点がきわめて重要になってきます。このように縦軸としての治療法と横軸としての信頼関係が相まったとき、初めてホリスティック医学が生まれると考えています。

 

竹林 直紀

◆人の健康だけでなく、地球環境や大宇宙とのつながりをも意識した「まるごとの医療」を行うことが、また、それぞれの「人生の物語り」を納得できる意味あるストーリーとして新しく作っていくお手伝いをすることが、私にとっての『ホリスティック医療』なのかなと最近考えております。そのことを、実際の日本の医療現場ではたして実現可能なのかという疑問に対する答えを模索するために、今年の5月から神戸三宮に小さな心療内科のクリニックを開院いたしました。私自身の「人生の物語り」と患者さんの「人生の物語り」が出会う場としてのクリニックという空間が、自然治癒力を引き出す最高の癒しのポテンシャルを持つことができるよう、現在試行錯誤を繰り返しております。

 

橘 知世

◆「失って初めてその大切さに気づく」という言葉がありますが、健康もそのひとつです。そして、失って初めて健康について真剣に考えるようになります。そんなとき、知恵や勇気や希望を与えてくれるのがホリスティック医学であり、みずからの力で健康になろうとしたときに手助けしてくれるのが代替療法だと思います。私がホリスティック医学に出合ったもの、健康を失ったときでした。そして、ホリスティック医学に出合ったことで、自分で自分の心や体を癒し、健康を育めるようになりました。また、病気になることにも意味があるんだと考えられるようになりました。おかげでとても生きやすくなった気がします。

 

野網 昭南

◆西洋医学や東洋医学、またアーユルベーダやホメオパシーなどの代替医療と同列の医学体系としてのホリスティック医学は、いまだその全体像を明らかにしていないと思う。
それとも統合医療を超えるものとして、数多くの医学体系を止揚した医学とみなすのが妥当なのか。 このあたりを十二分に議論してはどうだろうか。
また、ホリスティック医学とホリスティック医療の違いも曖昧なままに使用されていないか。 私たちが目指してきたのは、ホリスティック医療のように思えるのだが・・・。
「ホリスティック」という言葉が、対抗文化の潮流にあり、生命観や人生観、また世界観などと繋がる哲学的、宗教的な傾向を内包するものである限り、医学や医療の形容詞として上に付けた時、本来の言葉の持つ意味を矮小化し、誤解を生みはしないだろうか?
私は、医療者自らがホリスティックライフを実践する中にこそ、目指す医療の形があると信じたい。

 

はやし ひろこ

◆頭ばかりでっかくなって、こころもからだも後回しにしていたら、ある日突然、「病気」という贈り物が届いた。病気は病院で治してもらうのだと思っていたら、これが一向によくならず、ちょっとおかしいな、と思い始めたときに、「ホリスティック医学」に出会った。わたしは医学については門外漢だが、「ホリスティック」はもっと分からない。少しだけ、意識をして呼吸をしてみた。玄米や元気なお野菜をよく噛んで食べてみた。瞑想の真似事をしてみた。心の声が聞こえ始めた。歪みを意識してからだを使う。よく笑い、よく泣き、田んぼを耕し、植物の力をお借りして、心の奥底からやりたい!と感じることを本能のままにやってみた。からだの声が聞こえ始めた。ありがたいなあ、と感謝をすると、こころとからだがつながってきた。それから14年。目に見えるわたしと目にみえないわたしのまるごと全部で、完璧にならずいい加減に地球とつながって生きている(つもり)。

 

藤田 典嘉

◆数式で構築された現代社会と、数式では計りえない精神世界を持つ人間社会。現実のアンバランスとこの過酷な時間の圧迫を、心身相互の関係ととらえ、融合されうる本質部分を根本においた全一感を模索し、自分を取り戻しうる場としてホリスティックを考えています。人間の全体としての統合とバランスの回復を健康の定義として、身体的・心理的・社会的に精神性(スピリチュアル)を盛込み、直接的なふれあいを大切にした 森の奥深く、静寂な泉のような安らぎを与えられるメディカルトリートメントの場を目指し、宇宙と一体となる空間を与えられれば、ホリスティックを感じてもらえると考えています。

 

堀部 ひろ子

◆看護師として働き始めてしばらくたった頃から芽生えた疑問、それは「西洋医学一辺倒で東洋医療や代替医療を全否定する、これでいいのか?」ということ。もうひとつ、癌末期で近い将来この世を去る患者&家族が一縷の希望として癌に効くと言われる健康食品を使いたいとの思いに対し「そんなことをするならどうなっても知りませんよ、責任はもてません」、たびたび耳にした言葉である。じゃあ、先生のいう治療だけをしていれば助かるの?!有効な治療がないなら健康食品を試したっていいじゃない、明らかに悪いとわかっているもの以外なら。患者や家族の必死な思いを汲み取ることのできない先生。病気だけをみて人を見ない医療、看護師なんてやめてしまおうか・・・。そんなことを思い始めたころにホリスティック医療に出会いました。ホリスティック関西支部に顔をだすようになり、ちゃんと人も診ている先生や代替医療の先生達がおられることを知りました。もう少し看護師でいよう、あと少し、そう思ってはや数年。これからもホリスティックな医療を提供できる環境を築いていきたいと考えています。よろしくお願いします。

 

三木 正則

◆私の考えるホリスティック医学とは、体、心、気、霊性の視点からの原因究明とその治療です。見えない世界にも法則が存在します。ただ、それが分らないだけなんです。しかし分ってしまうと、色々なことが見えてきます。何十年も原因不明のなぞの病に悩まされていた人であっても、必ずどこかに原因は存在します。ただそれが分らなかっただけなんです。体、心、気、霊性、どこにどんな原因があるのかそれを探し出し、適切な処置をしていく。そうすれば必ず良くなります。カウンセリング、東洋医学、薬物療法、エネルギーワーク、ボディーワーク、西洋医学、その他色々アプローチの仕方はありますが、どれ一つも完全に全てをカバーできるものではなく、一部分のアプローチ方法でしかありません。それらを適材適所に用いて、チームで治療していくというのが大切であると考えます。

 

宮里 文子

◆私にとっては3人の出産が原点です。母となり、食、環境、教育、医療、社会、いかに生きるかということが身近なものになったのです。看護師になり産婦人科で勤務しながら、何かが違うと考えていた時に出会ったのがホリスティック医学であり、ホリスティックアロマセラピーでした。個としての自由やつながりを大切にした宇宙観も、多面性も、それぞれに個性を持つ子ども達を傍でみながら、適度な距離を保ち、人としての成長と共に、いかに寄り添うのか、心に触れる全人的なケアとはどんなことなのか、自分の価値観を削ぎ落としながら、目の前のクライアントさんから教えてもらっている日々です。

 

森 裕之

「 ヒューマニティ ( 人間性、心 ) こそが最も大切である・・・ 」 。 小さい頃から医師を目指してきましたが、これが至極当たり前の事であると、信じて疑いませんでした。 しかし、念願の医師となり、意気揚々と足を踏み入れた西洋医学の現場は、必ずしもそうではありませんでした。 はっきり目に見える技術や数値、結果が重要視され、客観的、合理的、科学的 ( ある意味冷酷非情?) な価値観が絶対的に君臨しており、優しさや思いやり、人間的品格 ( 治療的自我 ) といった抽象的で捉えどころのない価値観は、むしろ煙たがられる傾向すらありました。 何かが違う ・・・ 深い葛藤に苛まれ、苦しんでいた矢先、「 ホリスティック 」 に出会いました。 出会った瞬間、長いトンネルの向こうに光が見えたあの衝撃を、生涯忘れることはないでしょう。 正直、あまりにも抽象的すぎる 「ホリスティック 」 という言葉の真の意味を、未だ正確には理解できておりません。 しかし、ホリスティックこそが、真の理想的な医療 ( 医学 ) であることだけは、現時点で120%確信しております。 まだスタートラインに立ったばかりですが、医師として、これから先の人生を、「 真のホリスティック医療の追求、具現化 」 に費やしていきたいと考えている、今日この頃です。

 

保田 美保

◆目に見える世界だけに偏って生きていたころ、現実に振り回され突然病気に。食養生をし、からだにいいと言われることは全て試してみたけれども治りません。何かが違う、もっと根本的な何かがあるのではないかと感じていたときに、ホリスティクアロマセラピーと、ホリスティク医学に出会いました。からだ以外の大切なこころ、気、スピリチュアリティーといった目には見えない世界を認識し、病の意味やこころのありよう、またつながりに気付きました。大地とつながり、うちなる自分とつながる。そして人と人、社会、自然、地球、宇宙これらとの全てのつながりの回復が、こころを癒し、からだに影響を与え、自然治癒力を向上させ、生命力をいきいきと活性化させていくように感じています。人と人とが触れあうなかで響き合い、いのちのレベルでつながりあう。そんなつながりができる時間や空間ができたときに、うちなる調和がおこり全体性へとつながっていくのかなと思っています。

 

山田 義帰

◆私がホリスティック医学と出会って約20年経ちました。最初は副作用がなくて自然治癒力を高めるような治療法がないか模索していくうちに、気功治療、漢方薬、水治療、遠赤外線療法、ヒプノセラピー、機能性食品、ホメオパシーなどに出会いました。世の中には遙か昔からその土地に合った治療が生み出され伝統医学になっています。今の時代は西洋医学以外は科学的根拠のない怪しいものと考える医師も多くいますが、私たちが現在生きているのは脈々と受け継がれてきた各種伝統医学や民間療法の恩恵が多大にあったと思います。いろんな治療法に出会って、治療の基本が自然治癒力を高めること、自然治癒力の邪魔をしないことであると気づきました。そして、ホリスティック医学に出会い全く違和感を感じることなく受け入れる事ができました。ホリスティック医学を知って、人間に対する認識が変わりました。定義にあるように私たちは「体・心・気・霊性」等の有機的統合体であります。西洋医学が見える世界しか対象としない不完全な医学であるのに対してホリスティック医学は人間の本質、人間全体を対象にしている医学であると思います。将来ホリスティック医学が進歩し発展すれば、完全な医学に近づくことができると思っています。だからこそホリスティック医学に魅力を感じています。

 

このページTOPへ戻る