ホリスティック医学協会

ホリスティック医学協会ロゴ

2018年10月28日 (日)  ホリスティック医学概論セミナー


詳細は決定次第アップさせていただきます。


このセミナーは、「ホリスティック医学の定義」を詳細に解説することで、その考え方や医療現場におけるホリスティック医学の実際について理解を深めてもらうことを目的としたものです。

どなたでも参加できますが、特にホリスティックヘルス塾を受講され、ホリスティック医学の考え方に興味を持った方や、医療従事者、療法家、セラピスト、カウンセラーをはじめとする医療や健康分野の仕事に携わり、ホリスティック医学の実践に関心を持っておられる方にはとても役に立つ内容になっています。

是非このセミナーを機に、ホリスティック医学への理解を深め、自分の健康や現在の仕事により一層役立てて頂けたらと思います。




開催日時


2018年 10月28日(日)13:30~17:00 (予定)


開催場所


大阪市北区民ホール



ホリスティック医学の定義


1. ホリスティック(全的)な健康観に立脚する

人間を「体・心・気・霊性」等の有機的総合体ととらえ、社会・自然 ・宇宙との調和にもとづく包括的、全体的な健康観に立脚する。

2. 自然治癒力を癒しの原点におく

生命が本来、自らのものとしてもっている「自然治癒力」を癒しの原点におき、この自然治癒力を高め、増強することを治療の基本とする。

3. 患者が自ら癒し、治療者は援助する

病気を癒す中心は患者であり、治療者はあくまでも援助者である。 療よりも養生、他者療法よりも自己医療、が基本であり、ライフスタイルを改善して患者自身が「自ら癒す」姿勢が治療の基本となる。

4. 様々な治療法を選択・統合し、最も適切な治療を行う

西洋医学の利点を生かしながら中国医学やインド医学など各国の伝統医学、心理療法、自然療法、栄養療法、手技療法、運動療法、などの各種代替療法を統合的、体系的に選択・統合し、最も適切な治療を行う。

5. 病の深い意味に気づき自己実現をめざす

病気や障害、老い、死といったものを単に否定的にとらえるのでなく、むしろその深い意味に気づき、生と死のプロセスの中で、より深い充足感のある自己実現をめざしていく。


お知らせ


■生活習慣病予防指導士の方は、3単位取得できます。
■本フォーラムは「ホリスティックヘルス塾」レベルアップ講座となります。






↑ PAGE TOP