ホリスティック医学協会

ホリスティック医学協会ロゴ

過去のフォーラム一覧


 ■第1回~第37回迄の講師名とタイトル一覧
 ■第38回 1996.11.24 中川 晶氏「心理療法の新たなる潮流」
 ■第39回 1997.1.26 石丸 裕高氏「身体はすべて知っている」
 ■第40回 1997.3.23 長谷川 信博氏「ホリスティック医療における薬の功罪」
 ■第41回 1997.5.25 船越 康弘氏「健康は台所から」
 ■第42回 1997.7.27 旭丘 光志氏「"生活習慣病の時代"が機能性食品の癒しの意味を照らしはじめた」
 ■第43回 1997.11.30 斎藤 良夫氏「外気功」
 ■第44回 1998.1.25 中井 吉英氏「ホリスティック医療の核としての心身医療」
 ■第45回 1998.3.22 永山 憲市氏「食生活と免疫力」
 ■第46回 1998.5.24 魏 于全氏 <Yu-quan Wei>「ガンの最新免疫療法」
 ■第47回 1998.7.26 町田 達是氏「人間性による健康革命」
 ■第48回 1998.9.27 荻野 裕子氏「ホリスティック医療における音楽療法の役割」
 ■第49回 1998.11.22 林 サオダ氏「精神状態のバランスをとるバッチ博士の花療法」
 ■第50回 1999.1.24 飯田 史彦氏「生きがいの創造とマネジメント」
 ■第51回 1999.3.28 坂本 祐子氏「健美操」
 ■第52回 1999.5.30 頼藤 和寛氏「心理療法における光と影」
 ■第53回 1999.7.25 山田 義帰氏「ホリスティック的ガン治療のすすめ」
 ■第54回 1999.9.26 小原田 泰久氏「癒しのネットワーク」
 ■第55回 2000.1.23 長谷部 茂人氏「排毒健康法のすすめ」
 ■第56回 2000.3.26 岡本 哲郎氏「ヒトはなぜ治るのか」
 ■第57回 2000.5.28 ミハエラ シェルブレア(Mihaela Serbulea)氏「ホメオパシー入門」
 ■第58回 2000.7.29 藤田 真規氏「リフレクソロジー入門」
 ■第59回 2000.9.24 山口 忠夫氏「直傳霊氣と西洋レイキ」
 ■第60回 2000.12.10 土橋 律子氏「看護婦が"がん”になって」
 ■第61回 2001.2.25 竹林 直紀氏「米国代替補完医療の現状」
 ■第62回 2001.4.22 巌 美稚子氏「中国伝統医療気功入門」      
 ■第63回 2001.6.17 津野 晃玄斎氏「秘伝・びわ温灸療法」
 ■第64回 2001.7.22 中島 勇一氏「ヒプノセラピー(催眠療法)入門」
 ■第65回 2002.1.20 梅田 陽子氏「マインドボディフィットネスの理論と実際」
 ■第66回 2002.5.26 中川 一郎氏「タッピング・タッチ」
 ■第67回 2002.7.28 井草 克一氏「自然治癒力を発動させる三つの条件」
 ■第68回 2002.9.22 辻 智之氏「ホリスティックな栄養学の考え方とその必要性」
 ■第69回 2002.12.1 市橋 研一氏「ターミナルケアの現場から考える」
 ■第70回 2003.2.28 ディベート形式「ホリスティック医学は是か非か」
 ■第71回 2003.4.27 先田 寛志氏「自然歯科の挑戦」
 ■第72回 2003.6.22 川畑 伸子氏「サイモントン療法のすべて」
 ■第73回 2003.8.24 辻 学志氏「ヒーリングタッチの医療における実際」
 ■第74回 2003.12.23 若木 久暉氏 第1部:『日常生活でできるセルフケア実践編』
岡田 俊一氏 第2部:『ホリスティックとは?~代替療法家の視点から~』

 ■第75回 2003.2.29 佐藤 務氏「新しい栄養学・予防医学を創るサプリメント学」
 ■第76回 2003.4.25 千島 明氏「現代基礎医学と千島学説の意義」
 ■第77回 2004.6.27 船戸 崇史氏「きらめきの人生を願って」
 ■第78回 2004.8.22 小池 弘人氏「Dr.アンドルー・ワイルのセルフケア8週間プログラム」
 ■第79回 2004.10.24 山本 竜隆氏「統合医療への試み」
 ■第80回 2004.12.23 黒丸 尊治氏「ホリスティック緩和ケアの試み」
 ■第81回 2005.2.27 相原 由花氏「ホリスティックアロマセラピーの試み」
 ■第82回 2005.4.24 土井 麻里氏「エネルギーセラピーの現状と将来」
 ■第83回 2005.6.12 ロジャー・コール氏「終末期のがん患者とその家族のためのスピリチュアルケア」
 ■第84回 2006.2.26 山田 義帰氏「自然治癒から見た人生観」
 ■第85回 2006.6.25 渡辺 奈津氏「ホメオパシーの基礎と実際」
 ■第86回 2006.8.27 谷口 一則氏「日常臨床における統合医療の実際」
 ■第87回 2006.10.22 日笠 久美氏「東洋医学から見る生活習慣病」
 ■第88回 2006.12.23 野網 昭南氏「ホリスティックな養生法とは」
 ■第89回 2007.4.22 山本 哲郎氏「目からウロコの等質栄養学」
 ■第90回 2007.8.26 江部 康二氏「糖尿病と糖質制限食」
 ■第91回 2007.10.22 愛場 庸雅氏「おいしさの医学」
 ■第92回 2007.2.22 はやし ひろこ氏「ホリスティックアロマセラピー」
 ■第93回 2007.4.26 竹林 直紀氏「マインドフルネスアプローチ」
 ■第94回 2007.6.22 溝口 徹氏「心の健康への栄養アプローチ」
 ■第95回 2008.8.24 中川 晶氏「病の語りとホリスティック医学」
 ■第96回 2008.12.23 設楽 清和氏「パーマカルチャーとホリスティックライフ」
 ■第97回 2009.3.29 迫田 敬一氏「だれでも使える脉診」
 ■第98回 2009.7.26 酒向 毅氏「癌を克服する力」
 ■第99回 2010.1.24 岡田 俊一氏「心身(五感+α)にとどく」
 ■第100回 2010.5.23 「三つのがん患者会から学ぶ、がんとの上手なつき合い方」
中山 武氏・橋本 豪氏・伊丹 仁朗氏、愛場 庸雅氏・黒丸 尊治氏

 ■第101回 2010.7.25 清流 いつき氏「ストレス耐性と意識の関係」
 ■第102回 2010.10.3 前田 浩明氏「機能性食品の開発と実践」
 ■第103回 2010.11.23 永田 高司氏「動物たちに学ぶ人の生き方」
 ■第104回 2011.3.21 黒丸 尊治氏「心の治癒力を引き出すコミニュケーションの実際」
 ■第105回 2011.6.5 東日本大震災チャリティーフォーラム。「ホピの予言」上映会・他
 ■第106回 2011.7.31 織田 聡氏 「統合医療の展望」

 ■第107回 2012.1.29 浦尾 弥須子氏 「アントロポルゾフィー医学入門」
 ■第108回 2012.5.27 おのころ 心平氏 「病気は才能」
 ■第109回 2012.7.29 伊藤 可奈子氏 「女性外来でのホリスティックケアの実際」
 ■第110回 2012.12.2 堀田 由浩氏 「統合医療でがんを克服する」
 ■第111回 2013.3.31 川西 未来子氏 「メンタルヘルスとしてのおしゃれ」
 ■第112回 2013.7.28 萩原 優氏 「こころの治癒力を引き出す催眠療法」
 ■第113回 2013.9.29 竹林 直紀氏 「精神生理学的ストレスケア」
 ■第114回 2013.12.22 はやし ひろこ氏 「こどものこころとからだ、たましいを育むラヴィングタッチケア」
 ■第115回 2014.6.22 山口 創氏 「手の治癒力」
 ■第116回 2014.8.24 小西 康弘氏 「自己治癒力を高める医療」
 ■第117回 2014.10.13 黒丸 尊治氏 「心の治癒力をスイッチON!」(台風の為中止)
 ■第118回 2014.12.23 相原 由花氏 「臨床アロマセラピー」

 ■第119回 2015.4.26 内海 聡氏 「医学不要論」
 ■第120回 2015.6.28 田村 裕樹氏 「ストレスケアとコミュニケーション」
 ■第121回 2016.2.21 林 真一郎氏 「メディカルハーブの基礎知識と臨床応用」
 ■第122回 2016.4.17 降矢 英成氏 「ホリスティック医学とエネルギー医学」
 ■第123回 2016.6.19 則武謙太郎氏 「なぜ、自分らしく生きると癒しにつながるのか」
 ■第124回 2016.12.23 竹林直紀氏 「自律神経がよろこぶセルフヒーリング」
 ■第125回 2017.3.12 林 サオダ氏 「バッチフラワーレメディの実際」
 ■第126回 2017.5.28 上田 サトシ氏 「たましい・こころ・からだが喜ぶ瞑想」
 ■第127回 2017.6.25 上原 英子 「アドラー心理学とアートセラピーの実際」

 




↑ PAGE TOP